1. HOME
  2. 世界のニュース
  3. 違法伐採問題
  4. Mongabay: 合法木材プログラム、高リスク木材輸入に未だ対応せず(ベトナム)

世界のニュース

定期的にメールでお知らせしています。

違法伐採問題

Mongabay: 合法木材プログラム、高リスク木材輸入に未だ対応せず(ベトナム)

ベトナム木材セクターでのあらたな規制の導入にもかかわらず、輸入業者は、アフリカ・アジアの森林減少ホットスポットから熱帯広葉樹を大量に輸入している。2018年ベトナムは、サプライチェーンから違法材をなくし、規制が厳格な欧州市場へのアクセスを促進するため、EUと二国間パートナーシップ協定を締結した。
しかし、輸入業者によると、2020年に導入されたベトナム木材合法性保証制度(VTLAS)の要件は、かなりわかりにくく、税関データからはカンボジア、カメルーン、ガボン、ラオス、PNGといった国々からのハイリスク材は減少の傾向がほとんど見られない。政府当局は状況改善に取り組んでいるが、効果が現れるまでには時間がかかると予想される。
2016年にベトナムは国内天然林の伐採を禁止し、同じ頃、木材の高付加価値化を目指す隣国カンボジア・ラオスからの丸太供給が減少していた。そのため、高級家具業界は材料をアフリカ諸国20カ国以上からの輸入に頼るようになっていた。今やベトナムは中国に次いでアフリカ材の世界第二位の輸入国となっている。
原文はこちら(英語)
https://bit.ly/3vkK5T6